MBAとは?

MBAとは、Master of Business Administrationの略で、日本語では経営学修士と呼ばれます。日本の税理士や公認会計士のように国家試験に合格して与えられる資格とは違い、世界各国のビジネス系大学院(ビジネススクール)にて一定の単位を取得することで授与されるビジネス学位です。
MBAを取得するには、最短で1年間から2年間(欧州:1〜1.5年 日米:2年間)の学修が必要となります。

各教育機関は、政府に公認された民間かつ非営利の認定団体による認証(Accreditation)を受けることにより、自校のMBAコースの質を保証している。現在、MBA認証機関の一つであるAACSBには、アメリカを中心とする30カ国、約500のビジネススクールが加盟している。このほかの主だった認証機関(システム)には、イギリスに本拠を置くAMBA(Association of MBAs)、ベルギーに本拠を置くEFMD(European Foundation for Management Development)の発行するEQUIS(European Quality Improvement System)などがある。
現在、日本では慶應義塾大学および名古屋商科大学の2校がAACSBからの認証を受け、AMBAからは名古屋商科大学が認証を取得している

学修科目は、

・マーケティング
・アカウンティング
・経営戦略
・起業学
・ファイナンス
・経済学
・イノベーション
・ビジネス法
・人事戦略
・企業組織論
・統計学
・国際ビジネス学
・クリエイティブ・シンキング
・ビジネスプラン
・リーダーシップ  など

実際の現場で通用する力を鍛えることが主な目的です。
濱口塾
GMAT MBA.JPロゴ