03-6453-2758

GMAT対策の日本トップ予備校濱口塾が授業で使用するレッスンをオンライン配信

GMAT MBA JPロゴ
NEWS:実践問題の第1回申し込みを開始しました!

Interview

塾長インタビュー

770点GMATスコアを突破した勉強法の極意
濱口塾開講の原点は?

全塾生に日本社会を変える
未来のリーダーになって頂きたい

塾長インタビュー
GMATスコア770点超えの勉強方法を教えて下さい
大手予備校を退職したすぐ後に受験したGMATで770点を獲得したのですが、独立にあたって自分の実力を示すためにハイスコアを取らなければという大きなプレッシャーを感じていました。しかし、おかげさまで何とか乗り切ることが出来ました。ハイスコアの秘訣は、出題パターンを分析したことです。大手予備校では、SCとRCを担当していましたので、SCの問題分析はいつも行っていました。出題パターンをインプットすることで処理速度を格段に上げることができました。RCとCRは、読解力さえあれば解ける問題です。もし全て日本語で書かれていれば、ほとんどの人が全問正解できるだろうと思います。読解力をつけるには、先ず語彙力を上げることが肝要です。日本語と英語を1対1で覚えても抜けやすいので、教材の復習を通じて覚えたり、同意語や反意語、同じ語源を持つ単語をまとめて覚えると効果的です。 一番良いのは、文章で覚えることですね。応用力が広がって、ライティングにも使えるようになります。次は文法力。 英語の句や節といったかたまりを意識して、かたまりごとに意味をとって読みくだせるようになることが大切です。最後に何を意識しながら読むかが鍵となります。書き手も何かを伝えたいと思って書いているわけだから、読み手も筆者は何を言いたいのか、各文章ごとに筆者の意図を意識しながら読むことが大切です。復習の際にそれを確認する作業をすると良いと思います。
CRに関しては、ロジックパターンに精通すると処理速度が速くなります。
テスト問題を作成する側は、5,6種類あるロジックパターンをベースに、肉付けする内容を変えて新しい問題を作っています。なので、ロジックパターンが見通せるようになると、自身を持って早く答えを見つけられるようになりますね。
受験勉強で苦労した事は?その苦労をどのように乗り換えましたか?
実は、中学3年までは英語は大の苦手でした。 6年間一貫教育の私立に通っていましたが、中3の時には、休みのたびに補修に呼ばれていました。 1学年約220名いた生徒の中で、下から40位以内に入っていたことを意味します。 中学3年から高校に上がる春休みの三者面談で、担任の教師からこの英語の成績では行く大学がないと言われたのを覚えています。 転機は、高1の3学期。2ヶ月半の間、毎日友達と2人で英単語を50個、英熟語を50個、英語単文を100文覚えました。 英語は表現なんだからそれを覚えればなんとかなるという単純な発想でした。 通学電車の中、内職できる授業中、休み時間、ひたすら書いて覚えました。 それを2ヶ月半継続することで、高2の1学期に英語の成績が一挙に上がりました。 それまでは40点前後の点数しか取れなかったのが、80点台90点台の点数が苦も無く取れるようになりました。 人間やる気とそれなりの能力があれば、何とかなるものだと確信しました。 MBAの準備に置き換えるなら、MBAが自分にとってどれほど重要かしっかりと認識することが大切です。 後は仲間を見つけること。一緒に同じ目標を目指す者と切磋琢磨することで、モチベーションを維持しやすいと思います。
濱口塾を開始したきっかけは?
大手予備校大阪校で副学院長をしていた当時、TOEFLのテストがiBTに変更されることが決まりました。 その影響か売上が突然下がって、私が辞めざるを得ない状況になりました。 7月に退職することが決まったわけですが、その時に前年度の卒業生が集まってくれて、濱口塾のビジネスプランの骨子を議論してくれました。 その一つが単元別制の導入です。 もともと大手予備校でもGMATコースの長期受講のインセンティブとして、SC単元別授業を定期的に行っていました。 通常は問題ごとに出てきた文法項目を説明するのですが、この授業では同じ文法項目、例えば比較の内容を含む問題を20問ほど集めて、正解パターンを体系立てて説明していました。 生徒に分かりやすいと好評で、この形式での授業を導入することを当時の学院長にも進言したのですが、課金制を採用していたため、 生徒が早く結果を出すと儲からないと言う理由で却下されました。 生徒が結果を出せば、評判を呼んでより多くの収益につながると考えていた自分に取ってはショックな発言でした。 なので独立するときには絶対に単元別形式を導入しようと決めていました。 また、私費の生徒から、追加費用がどれほどかかるのか非常に不安であったという話を聞いて、定額制の導入を決めました。 個人塾なので、生徒が結果を出さないとつぶれてしまうし、生徒が早く結果を出せば出すほどこちらが楽になるというWin-Winの関係を築きたかったというのも独立の最大の要因です。
教えるときに注意していることはありますか?

遠慮せずに指摘することです。エッセイでもそうなんですが、いつもcriticalな目で見て、駄目なものは駄目という必要があると思っています。 あとは、追加料金無しで個人レッスンを利用できるようにしていますので、分からなければいくらでも質問してもらえる環境を整えています。 やる気のある生徒はとことんサポートしています。

点数が伸びるのはどんな生徒ですか?
大学受験の時に勉強のスキルを鍛えていた人は伸びやすいと思います。後はどれだけMBA留学にコミットしているかでしょうか。
MBA取得者に対してどのようなビジネスマンになってもらいたいですか?
世の中に影響を与えるビジネスマンになってもらいたいです。 海外での長期生活を経験すると様々な価値観や考え方に出会うことで人間的に成長すると同時に、日本の良い面と悪い面もよりはっきりと理解できる様になると思います。 そういう経験をした人だからこそ、日本に変革をもたらし、日本をより良い方向に変えていく人物になりえると思います。
これから海外MBAを目指す方へのメッセージ
働きながら勉強をするのは非常に大変です。 いい加減な気持ちでMBAに挑戦してもなかなか目標を達成することは難しいと思います。 ですから、勉強を始める前に、出来るだけ多くのMBAホルダーと話をすることをお勧めします。 自分の人生においてMBAを獲得することが必要不可欠であると確信してから勉強を始めてください。 いい加減な気持ちでやると、結局時間とお金とエネルギーの無駄遣いになる確率が高いです。 目指すからにはコミットしましょう。

無料トライアル

オンラインで利用する実際の授業音声・テキストの中から、
SC・CR・RCの各科目1授業分をご利用いただけます。