03-6453-2758

GMAT対策の日本トップ予備校濱口塾が授業で使用するレッスンをオンライン配信

GMAT MBA JPロゴ

Voice

合格者の声

指導方法01

RU.Y.さん

その場での質疑応答ができない一方で繰り返しの受講、一つの授業を隙間時間に合わせ分割して受講することができたので、私はGMAT MBA.JPで十分に満足しました。

基本情報

●留学形態:社費
●TOEFLスコア:TOTAL(101)、各セクションスコア:Reading (28) Listening (25) Speaking (20) Writing (28)
●最終GMATスコア:700 V(33)、M(50)
●合格校:NUS、NTU、HKUST

海外MBA留学を目指したきっかけを教えてください。

アジアを中心とした海外で、慢性的な交通渋滞といった社会問題の解決に加え、その国・地域に住む人々の生活の在り方を大きく変えるような仕事をしていきたいと考えており、アジアMBAを志望しました。

濱口塾又はGMAT MBA.Jpを利用したきっかけを教えてください。

会社の先輩方の経験からGMAT対策における濱口塾の時間効率の良さを聞いていたが、高額な受講費がネックとなっており、また居住地が山梨県であり通学も困難であったこと、仕事が不規則であったため決まった時間に受講し続けることが難しかったことからGMAT MBA.Jpの受講を考え始めました。
一旦無料の授業を視聴した後に、内容が満足行くものであったため(また他に頼るツテも時間もなかったため)、最終的にGMAT MBA.Jpの利用を決めました。

留学先や志望校をどのように決定したか教えてください。

MBAの志望動機からアジアでのMBAにターゲットを定め、その中でもNUS MBAはシンガポールを中心として確固たる地位をアジアにおいて築いていると感じたので、入学を決めました。
(家族帯同でしたので、治安の良さ+暮らしやすさ+子どもの教育環境+日本の食材といった物資の入手しやすさ、もシンガポールを選んだ大きな理由です。)

勉強開始から志望校合格までのタイムマネジメントについて教えてください。

2017 年6月 社費としての派遣決定
   TOEFL対策開始(web TOEFL)
    9月 TOEFL 101点到達。(対策前は81点)
    10月 GMAT MBA.Jp受講開始 GMAT初受験(580)
    11月 GMAT二回目(640)
12月 GMAT三回目(700) 目標スコア到達のためGMAT対策終了。

MBA留学を目指す受験生への勉強方法アドバイスをお願いします。

・GMAT

 GMATは全くの未知の世界だったので、とりあえずMathはマスアカ、Verbalについては濱口塾の門を叩きました。
とはいっても、濱口塾のサービスはかなり高価でしたので、GMAT-MBA.Jpが行っている濱口塾のオンライン配信を利用しました。
こちらは実際の濱口塾の授業音声を収録したものを、教材とともに配信しているだけですが、私にはこれで十分でした。(またGMAT-MBA.Jpであればかなり安く濱口塾でのノウハウを獲得できます。)

濱口塾又はGMAT MBA.Jpを利用した感想・コメントをお願いします。

GMATのVerbal対策は非常に難しく、適切な指針・教材がなければ時間だけがかかり、なかなか成果が出ないうちに受験制限回数を超えてしまうことも十分にあります。
MBA受験では費用対効果だけではなく時間対効果も重要ですので、その意味でも濱口塾の授業の構成と各授業で得られるエッセンスは唯一無二だと思います。
 私はGMAT MBA.Jpの利用でしたが、その場での質疑応答ができない一方で繰り返しの受講、一つの授業を隙間時間に合わせ分割して受講することができたので、私はGMAT MBA.Jpで十分に満足しました。

受験生へのメッセージがあれば、お願いします。

 MBA受験(特に社費)は時間との勝負です。いかに効率的に成果を出せる手段に、ケチることなくお金を出してください。
金で時間を買うことの大切さを、私はMBA受験対策を通じて身をもって学んだ気がします。
第一希望や志望度の高い大学でMBAを取ることができれば、MBA受験対策にかかったお金などすぐに回収できるようになるはずです。
そして高いお金を出してしまった以上、最後までやり遂げ、結果を出さなくては勿体なくて仕方なくなるので、より一層勉強に励むことができると思います。

Voice

無料トライアル

オンラインで利用する実際の授業音声・テキストの中から、
SC・CR・RCの各科目1授業分をご利用いただけます。