03-6453-2758

GMAT対策の日本トップ予備校濱口塾が授業で使用するレッスンをオンライン配信

GMAT MBA JPロゴ
NEWS:実践問題の第1回申し込みを開始しました!

Voice

合格者の声

指導方法01

F.N.さん

GMATの勉強をするためにいくつかの予備校を見た。Webで受けられるGMAT MBAT.JPは問題の質も良さそうでかつ出張先でも勉強できると思い、価格もお値ごろだったため、申し込んだ。

基本情報

●留学形態:私費
●TOEFL/IELTSスコア:TOTAL(7.0)、各セクションスコア:Reading (8.5) Listening (7.5) Speaking (6.5) Writing (6.0)
●最終GMATスコア:650 V(33)、M(49)
●合格校:HEC paris、ESADE、ESSEC

海外MBA留学を目指したきっかけを教えてください。

 日系コンサルファーム時代は経営実務に近い仕事をやっていた実感はあったが、ドメスティックな業務が多かった。外資系コンサルティングファーム時代にはグローバル経験は積めたものの、抽象的な戦略立案などが多く、経営者を目指すに遠い実感があった。
 コンサルティング業界自体が飽和しており、その中で差別化をしていくにあたってはこれまでの知識だけでなく、さらにデジタルやデザイン思考などの新しいスキルを取り入れる必要があり、ビジネススクールの場においてダイバーシティのスキルなどとともに素養を得るのがよいと判断。
 また、ヨーロッパに住む経験を人生で一度はしてみたいと思っており、家族の都合からも今のタイミングしかないと思い決意。

濱口塾又はGMAT MBA.Jpを利用したきっかけを教えてください。

 IELTSで7.0が出たので、GMATの勉強をするためにいくつかの予備校を見た。Webで受けられるGMAT MBA.JPは問題の質も良さそうでかつ出張先でも勉強できると思い、価格もお値ごろだったため、申し込んだ。
 その結果、GMATで650が出たので、GMATの勉強を継続しつつ(結果的にスコアアップしなかったが)、エッセイ・インタビューについてもそのまま濱口塾に依頼した。

留学先や志望校をどのように決定したか教えてください。

 30代で転職のことを考えると1年制でかつFT Top20相当のスクール、IELTS7.5が必要なOxbridge、INSEADを除くと必然的に志望校が数校に絞られた。
 HECはビジット経験があったし、ESADEは在学生が友人にいたのでイメージしやすかった

勉強開始から志望校合格までのタイムマネジメントについて教えてください。

2015年頃からIELTSを受けていたが一向にスコアアップせず、一度は諦めていた。
2018年の春頃から勉強を再開し、レアジョブなどでSpeakingのスコアを上げ、IELTS7.0を9月に取得したため、GMATへ本格移行。
9月下旬、初回のGMATは540でショックを受けると時期に濱口塾の門を叩いた。
10月下旬の2回目受験で650を取得し、ボーダーはクリアしたと認識。その後もGMATを受けるが4回目でも苦手のVerbalでスコアアップしなかった
11月下旬、濱口塾長に相談。一旦GMATは諦め、受験校選びとエッセイ作成を開始。GMATは結局650で提出した。
12月上旬、志望校をHEC, ESSEC, ESADE, IEに決める
12月中旬エッセイ作成開始と推薦者への依頼
2019年1月前半 集中的にエッセイ作成。一校分のパッケージが出来上がるとその後は楽だった。
2月上旬のESADE, ESSEC提出→Matthewとの面接準備に進み、Admissionとの面接があり、ESADEはWaitlistとなったが1週間後に合格通知。その直後、IEは辞退。
3月上旬 HEC paris提出→4月上旬にAlumniと面接し3日後に合格通知。

 業務時間が見極められない仕事だったため、空き時間や移動時間を使って英語の勉強やエッセイ作成は行った。

MBA留学を目指す受験生への勉強方法アドバイスをお願いします。

・TOEFL又はIELTS

 早めに受験をしてTOEFLを知ることが大切だと思います。最初のテストで、記憶力で勝負ができると確信したので、予備校には通わず、一般的な参考書を購入して勉強をしました。結果、3回テストを受けて、80→90→104と目標スコアを取ることができました。

・GMAT

 中学受験の知識がある人ならMathは特有の出題形態にさえ慣れれば50点は取れる試験です。
VerbalについてはGMAT MBA.Jpの問題をひたすら解き、なぜその答えになるのかの思考回路を作ること大事なように思います。問題の数より、質が重要な印象です。

受験生へのメッセージがあれば、お願いします。

 社費生に場合には決まった期間の間で合格を勝ち取る必要があり時間の制約を受けますが、私費生のMBA受験はモチベーションの継続が大事であり、留学までの道のりを伴走する人の存在は大きいと思います。
 私の場合、戦術的な意味での伴走者は濱口塾長であり、Matthewであり、アスピレーションという意味ではMBAに行っている友人からの生声や、家族の支えもそれぞれに大きかったと思います。こうした自分の中での受験合格のチームをイメージして臨むことが重要だと感じます。頑張ってください。

Voice

無料トライアル

オンラインで利用する実際の授業音声・テキストの中から、
SC・CR・RCの各科目1授業分をご利用いただけます。